小さい頃の夢

今日はちょっと【子供の頃の夢】の話を・・・
私が初めて将来の夢について考えたのは、幼稚園の時です。
(恐らく先生に「みんなは大きくなったら何になりたいのかな~?」と聞かれて考えたんだと思う・・・)

私がその時「なりたい」と思っていたのは画家です。
幼稚園から帰って両親に報告すると、
「そんな経済的に不安定な仕事はやめなさい」
と反対されました。 
(もっと大きかったら「え~、どうして~?」と反抗したのでしょうが)幼稚園児でしたのですんなり納得し、
「だったら、一体どんな仕事を選べば両親は賛成してくれるのだろう・・・」
と密かに思索にふけっていました。
小学校に上がって図書室で本を借りられるようになって間もない頃、
『おねえさんはスチュワーデス』という本(だったと思う・・・)を読みました。 
「これだ!」と思いました。
(母が北海道出身だったもので夏休みなどに)飛行機にはよく乗っていましたので、
「スチュワーデス」(日本ではアメリカ同様フライト・アテンダントと呼ぶようになったそうですが、オランダでは今でもスチュワーデスです)は案外身近な職業だったのです。
「大きくなったらスチュワーデスになる!」 
(両親の反対もなし(^_−)−☆)
(今のマリアと同じ)6歳の時でした。 
それから21歳で夢を叶えるまで15年間、スチュワーデスになることだけを考え・・・
というのは嘘で、途中、
やっぱり美大へ進んでイラストレーターになろうか、とか、
ピアノの先生が折角勧めて下さっているのだから音大に進んでピアニストを目指そうか、とか、
度々怯みそうになりながら(実は、英語が本当に本当に本当に苦手だったのです・・・)
でも諦めずにしつこくを追い続けた訳です。
が叶った時しみじみ思ったのは、
諦めさえしなければ、夢は必ず叶う!
ということ。

これは本当です。
が叶わないのは、途中で諦めてしまうから。
でも、何か諦めたことがあったとしても、心配は要りません。 
本当のというのは、諦めようと思っても諦められないもの諦められたのなら、それは「本当のではなかった」
ということなんじゃないかしら・・・ 
 

小さい頃の夢」への3件のフィードバック

  1. いい話ですね。やっぱりみさえさんは素敵な方です。〝諦めさえしなければ、夢は必ず叶う!〟まさに、そうだと思います。将来、何になりたいの?こんな事聞かれたこと、みんな経験ありますよ。それがきっかけだったり、その後の本でも人でも映画でも、影響を受けて自分の進む道が固まっていくものです。大事なのは夢に(目標)に向かって進めること。ところで、オランダでは〝スチュワーデス〟の呼称のままなのですね。男女雇用機会均等法、男女差別を無くす意図で、日本ではいろいろな職業で名称が変わりました。そんなことで対応すること自体、おかしいと思っていたけれども、最近は慣れてきましたね。あまり惰性に染まりたくはないですれども…。夢・・・そうですよ。夢は見るものではなく、叶えるものです!

  2. はじめまして。
    突然の書き込み失礼します。
    CAを目指している恵と申します。
    KLMオランダ航空で検索していたらこちらにたどり着きました。
    misaeさんの優しいお人柄を感じるとても素敵なブログで読んでいて温かい気持ちになりました❁
    機会がありましたらmisaeさんのお話を伺いたいのですが、差し支えなければコメントと一緒に送りましたメールアドレスにご連絡いただけますでしょうか?お忙しいところ大変恐縮ではございますがよろしくお願いします。

    • 恵さん
      コメントありがとうございました(*⌒―⌒*)
      お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
      (今フライト先で、iPhoneのアプリを利用しているからなのかもしれませんが)一緒に送ってくださったメールアドレスが表示されないのです(^^ゞ
      お手数ですが、Twitter (@misaeklm) あるいはFacebook (Misae Endo)にメッセージをいただいてもいいかしら…?
      本氣の夢は、本当に必ず叶いますから、叶った時の喜びを感じてワクワクしながら、がんばってください(*⌒―⌒*)

がんぶぅ にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中