手術

夫が目のレーザー手術(近視が治るという手術)を受けました。 
オランダではここ数年、この手術を受ける人が増えています。 (4000ユーロくらいかかるらしいので、もっと安くできるトルコや南アフリカへわざわざ行く人も多いとか・・・)
夫が手術を受けたのは、自宅から歩いて3分程のところにある、夫の親友で眼科医のエリックの、その友人ヨルンのプライベート・クリニック。
夫の付き添いで一緒に行ったのですが、待合室で待っていたら、助手が「ご覧になりますか?」と聞いてきました。
「ご覧になるって・・・手術を見学できるのですか??」
ちょっと怖かったですが、折角だったので見学しました。 
手術室の隣に用意された、壁に薄型TVが取り付けられた小部屋に案内され(TV画面には夫の片目のアップが画面いっぱいに映し出されていました)、しばらく待っていると、さっきの助手が来て、手術(といっても片目5分ずつくらいで終わってしまったのですが)の間ずーっと、何が行われているのか事細かに説明してくれました。 
まず、眼球に麻酔をし(眼球に注射するのかと思ってゾ~っとしたのですが、液体麻酔をたらすだけだそうです)、
(サランラップのような)手術用プラスチックでカバーされた上下両まぶたを金具で大きく開き、
瞳の部分にだけ金属の輪の形をした(まん丸の目玉焼きを作る為に使う型を小さ~くした感じの)型を押し当てて、
その中に膜(全部で5層あって、そのうちの上部2層を取り除くのだそうです)をふやかせる特別な液をたらし、
数秒待ちます。
大きな綿棒の様なもので液体を吸い取り、輪型を外し、シャーっと消毒液をかけ、
ふやけた膜を瞳の上の部分だけ2層分、スプーンのようなもので丁寧に取り除いていきます。
一見、ゼリーを食べ終わった後に器にうっすら残ったゼリーを丁寧にスプーンで剥がしている
・・・そんな感じでした。
再び巨大綿棒で眼球の水分をよ~くふき取り(乾いていれば乾いている程良いらしい)、
レーザーの標的(?)を瞳の中心に合わせます。
10秒くらい照射した後、再び消毒液が吹きかけられ、ソフト・コンタクト・レンズのようなもの(=目のバンソウコウ?)がのせられて
手術終了。
5分後に季節外れのサングラス(しばらくは光に敏感になるそう)をかけて夫が登場。
少しぼやけているけれど、視力は既にすっかり回復している、とのこと。 
 
私は目が悪くなったことがない(子供の頃は両目とも1.5、昨年検査した時は両目とも1.2)ので、
この手術の”ありがたみ“が今一つピンときていなかったのですが、
夫が手術室へ入って間もなく、助手が
「もう、これは必要なくなるから」
と言って彼の愛用のメガネを持ってきた時、なぜか胸がぐっと熱くなり、
「あぁこれか・・・これが夫が感じている幸福感か・・・」
と思ったのでした(*⌒―⌒*)

手術」への2件のフィードバック

  1. 近視の手術って怖い気がしますよね。でも、ご主人の近視が直ってよかった。メガネやコンタクトレンズで矯正するとうっとおしい。それにご主人の男ぶりも上がって二度惚れしてしまいますよ♪明日からマニラですか、頑張ってください。希望通りの東京フライトもOKのようで、このまま行くと、来年もmisaeさんにとって、良い年になりそうですね。

  2. お久しぶりです♪私もこの手術しようかと思ったのですが、今回日本に帰国した際に、カナダでした友達と遊んで聞いてたのですが・・・手術する以前より目がセンシティブになり、夜運転する時に、激しいライトで目が痛くなる、泳ぐ時に、目が怖くて開けられない・・・。って聞いて、、、ちょっと怖がってる私です。でも、コンタクトレンズする面倒を考えれば、悩む所です。旦那様の経過また教えてください。しか~~し、手術観覧って・・・微妙ですね。でも、せっかくだしぃ~~と言えるMISAEさんは、もうオランダ人です!!ね~~~。

Maya にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中