今年は
は割りと過ごし易かったにもかかわらず
の訪れが遅かった~
 
3月に入ってから
連日の大雪・・・
それでもすいせんの花は
(凍えるように?)開いていたので
「あぁが来たのだなぁ」
・・・と思っていたのに
いつまでたっても
悪天候&気温は氷点下・・・
 
先日開園した
まだ芽が出たばかりで
花が咲くのは
まだまだ先になりそうとのこと・・・
 
春分の日は
久し振りに暖かい一日で
沢山の渡り鳥
南の国から群れを成して戻って来たりして
危うく
「もしかして・・・!
と浮かれそうになる気持ちを
「ここで喜んではいけない・・・
また寒くなってガッカリしたくない・・・
油断禁物」
抑えていたのですが
 (裏切られる=急にまた寒くなる
ことも多いのでつい慎重になってしまう?!)
でも
今日の
雲一つない青空
冬のそれとは違う暖かい日差し
多分大丈夫
オランダにもやっとがきたようです
 
がくるとなぜか異様に嬉しい
というのは
オランダに来てから味わうようになった
特別な感情です
・・・が暗くて長~い、北ヨーロッパ・・・
を待ちわびる人々が持つ
特別な喜び・・・ 


(渡り鳥の群れ)
 (空一面、黒いブツブツでいっぱいで
圧倒されます)

 
運河沿いを散歩すると
例年なら
2月の半ばの"クロッカス休み"
(という学校のお休みがある頃)
に咲くはずの
クロッカスの花が
今頃になって咲き始めていました。
(今年は"クロッカス休み"中に一時帰国
していたので
てっきりもう咲き終わったものと
思っていたのです)
 
日本で
2月に3月に
4月にが咲いて
春が訪れるように、
オランダでは
2月にクロッカス3月にすいせん
(今年は順番が逆でしたがxxx)
そして
4月にチューリップが咲き始め
花の国オランダが"世界一美しい国"となる
がやってくるのです

」への4件のフィードバック

  1. なるほど、クロッカス、すいせん、ですか。
    お国柄によって違うのですね。でも、春はいいですね、暖かくってほのぼのとしていて、冷たい冬の後だから、よけいに清清しさをかんじるのでしょうか。

  2. >がんぶぅさん
    "暖かくってほのぼのとしていて"という日本の春・・・和みますよねぇ。 
    オランダの春は、ちっとも暖かくないんです。 ほのぼの・・・ともしてないなぁ。 色の無かった世界に、急に色とりどりの花が咲いて、一気に、ワッ!と明るくなる、という感じです。 思いっきり視覚の世界です。 春~夏~秋~冬は、知らぬ間に季節が移っていくのに対して、春だけは「春だ!」とはっきり感じます。 日本だときっと夏の到来がそんな感じなのでは? 梅雨が明けて、急に日差しが強くなって、「夏だ!」と(他の季節よりも)はっきり感じる、あんな感じだと思います。
    オランダの「喜びの春」もいいけれど、私はやっぱり日本の「ほのぼのとした春」が好きだなぁ・・・

  3. なるほど、『わっ』と咲くのですね。仰られる例えのように、夏のヒマワリでしょう。華道においても、あるいはブーケのような造形生花でも、かすみ草はとても大切な花だと思うのです。あの可憐さ、楚々とした佇まいの風情を持つ花が支える薔薇の大輪だと。そして、そんな囁きのある春の訪れ、日本人ならではでしょうか、好きですよね。

  4. >がんぶぅさん
    かすみ草、星屑のようで綺麗ですよね。 陰の引き立て役は大切です。
    囁くような春の訪れ・・・いいですねぇ~「いとをかし」という言葉が似合います。
     

misae にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中