雨音を聴きながら・・・

日本の雨は風情があっていいですねぇ~♡

梅雨空を楽しんでおります。

雨音を聴きながら、
さっきまでピアノを弾いていました。
 

昔と変わらぬ実家のピアノの音・・・
心が落ち着きます。
 
日曜日に、
心待ちにしていた
「クラシックピアノ・連弾オフ会」
があり、
本当に楽しい一時を過ごしました。
出席者は19名。
プログラムもきちんと作ってあって
「連弾 第1部」 (10曲)
「ソロ 第1部」 (5曲)
「くじびき初見連弾」 (11曲)
「ソロ 第2部」 (5曲)
「連弾 第2部」 (10曲)
というふうになっていました。

(プログラムは当日発表されました)

 
私が演奏したのは
エルガー 「愛の挨拶」
ドヴォルザーク 「スラブ舞曲 第10番」
ブラームス 「ハンガリー舞曲 第1番」
ブラームス 「ハンガリー舞曲 第6番」
 
愛の挨拶
「連弾 第1部」の最初の曲。
ほぼ初見(リハーサルで1度弾いただけ)でしたが
なんとか上手くごまかせて(?)
なかなか美しく仕上がったと思います。
大好きな曲なので
弾かせていただけて嬉しかったです。
 
スラブ舞曲 第10番
ハンガリー舞曲 第1番・第6番」は、
パートナーを引き受けて下さった方々3名に
前日、家に来ていただいて
こっそり&しっかり練習してあったので
皆様とてもお上手な方々だったので
かなり良い出来だったのではないかと思われます。
 
全てセコンド・パート(=低音部を担当=主に伴奏)
を担当したのですが、
「ご自身のパートを演奏されながらも、
プリモ(=高音部を担当=主に旋律)
の方の素晴らしい面を、
スッと引き出されるような演奏で、
素晴らしかったです」
というコメントをいただき、 
まさに、それが、
私が
連弾のセコンドでいつも心がけている点
だったので、とっても嬉しかったです。
 
 「くじびき初見連弾」
(=くじびきで曲とパートナーを決め、
受け取った楽譜を練習なしですぐ演奏する)
で当たったのは
ミュージカル「ウェスト・サイド・ストーリー」の
アメリカ」という曲。
譜面を見てサーッと血の気が引きました・・・
8分の6拍子4分の3拍子
混ざっている上、
しかもそれが不規則に出てくる
難しい曲だったのです・・・
なんとか弾くことはできましたが、
初見の練習ももっとしないといけないなぁ
と反省しました。
(高校時代は友人達と初見で連弾
よくやっていたので割りと得意だったのですが・・・)
 
「ソロ」の部では
ショパンの「ノクターンOp.9-2」を弾きました。
この曲は、大好きな叔母の好きだった曲で、
中学生の時、叔母に聞かせたい一心で
独学で練習しました。
単純なのに奥が深く、
弾ける人は多いけれど、
美しく弾ける人は少ない曲なのだそう。
それで私も改めて練習し直しているのですが、
今回の演奏後
「私もこの曲は好きでよく弾きますが、
こんなに優しい音は出せません」と
いろいろな方に褒めていただき
嬉しかったです。
(Tomokoさん、Hazuさんのアドバイス
のお陰です!
ありがとうございました!!)
この曲は、これからも研究を重ねて
いつか
本当に満足のいく演奏ができるように
なったらいいなぁ~と思っています。
 
 会場は
西新宿にある
「白龍館」
 
ここにはオーストリア製の
べーゼンドルファー・フルコンサートグランド
92鍵)
という素晴らしいグランド・ピアノがあります。
(フライト先の滞在ホテルなど、
いろいろな所でいろいろなピアノを弾いていますが、)
このベーゼンドルファーを弾いた時、
今まで弾いた数々のピアノからは感じられなかった、
ピアノからの愛情(?)
のようなものが感じられてドキドキしました。 
こんなに反応のいい
(=弾きたいと思った音がそのとおりに出て、
表現したいとおりに表現できる)
ピアノは初めてでした。
ベーゼンにしそうになっていると
「misaeさんのピアノの音は
ベーゼンに合ってますね」
とおっしゃって下さった方が何人かいらっしゃって
両想いになったようで嬉しかったです?! 
お食事も美味しかったし、
スタッフの皆さんもフレンドリーで、
本当に素敵なお店でしたヨ!
おすすめです スマイル
 
「白龍館」
このオフ会を通じて
同じようにピアノを愛する人達と知り合え、
日本での連弾の相棒を見付けることができました。
 
How happy I am !・・・  
 ますます練習に励まないと!!
 

雨音を聴きながら・・・」への3件のフィードバック

  1.  素敵な時間を過ごされたのですね!素晴らしい演奏だったのでしょうね。
    日本を思いっきり楽しんで下さい。
    蒸し暑い毎日です、体調にも気を付けてくださいね。
     
     

  2. 趣味を共有できる方が新しく見つかることはとても嬉しいのでしょうね。同じ趣味仲間でも自分と同等、あるいは以上の知人がいると励みになります。ピアノは詳しくは無いのですが、今回misaeさんが演奏された曲目ではスラブ舞曲が良いですね。ドヴォルザークは迫力があって好きなタイプです。
    良いピアノは音が良いという次元ではないのでしょうね。愛情を伝えてくるなんて・・・!

  3. お返事遅くなってごめんなさい・・・xxx
     
    >Manonさん
    昨日、オランダに戻りました。
    オランダの方が暑くてビックリしました。
    日本では、梅雨が長引いたお陰で、日焼け止めをぬる必要も無く、快適に過ごせました♪
     
    >がんぶぅさん
    >同じ趣味仲間でも自分と同等、あるいは以上の知人がいると励みになります。
    本当に!
    ドヴォルザーク、私も好きです。 赤ちゃんの時、父が毎日、何度も何度も「新世界」のレコードをかけていたそうなので、そのせいかもしれません・・・
    楽器も生きている(魂がある)んだな、と感じました。
     
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中