フライト日記 (Singapore)

先月末、一時帰国から戻り、東京便の乗務を終えた翌日から、車でスロヴェニア~ギリシャへ行き、
昨日、飛行機でオランダに戻って来ました。
ギリシャの村にもいよいよインターネットが開通したと聞き、PCを持って行っていたのですが、
村に落雷があり、インターネット不通となってしまいました・・・
そんな訳で、すっかり遅くなってしまいましたが、これから
シンガポール便東京便のフライト日記と
スロヴェニア~ギリシャ旅行記、
できるだけ急いで書き上げたいと思います!
2009年7月
(SIN)
久し振りのシンガポール便
機種はボーイング777-200型機。
 
担当はビジネスクラス。 満席。 
相棒のカリン、笑顔が魅力的なのですが・・・仕事が荒いというか雑というか・・・(^^;
ビジネスクラスでは、ドリンクサービスミールサービス時に、乗客リストを持参し、お客様をきちんとお名前でお呼びしてサービスすることになっているのですが、
(きちんと毎回そうしていると、到着する頃にはもう皆様のお名前を覚えてしまって、リストは不要になったりもしますが)
「面倒くさい」
と言って持っていかないカリン・・・(^^; 

なんだかやたらに彼女のエリアだけサービスが早いと思ったら、
紙ナプキンを差し上げていなかったり、お皿の下に受け皿を付けずにお出ししていたり・・・(^^; 

でも、話術に長けているのか、お客様からクレームが来るような様子もないので、
これが”彼女のサービス”なのでしょうネ(*⌒―⌒*)
シンガポールまでは飛行時間が12時間を越えるので、休憩時間があります。
各ギャレーに必ず1名はCAが残るように全体を2グループに分けて、順番にOCR(=Overhead Crew Rest)で休憩を取ります。
休憩に入る順番は、CAML(=CAの名前と担当ドア、担当エリア、担当ギャレーなどが記載されたシート)に、
AまたはBで表示されており(←Aグループが先に休憩に入ります=ファーストシフト)、同じギャレーのCA同士で交換することも可能です。
大抵の場合、行きの便で最初に休憩に入った人が、帰りの便では後に休憩に入るので、
遠くから通ってきている同僚の中には、帰りの便でのセカンドシフト(=後に休憩に入るグループ=グループ)を希望する人が多く、
その場合は大抵、行きの便で自らファーストシフトを取ります。
カリンも、本当はB(→行きの便がセカンドシフトで帰りの便がファーストシフト)でしたが、シンガポールから戻った当日、3歳の娘をピックアップしないといけないから・・・と、
帰りの便でのセカンドシフトを希望し、行きの便では最初に休憩に入りました。
カリンが休憩に入っている間に、到着前の朝食のサービスの準備をできる限りやっておくようにしました。
(彼女の仕事ぶりからして、彼女の準備してもらうのはちょっと不安・・・というのも正直ありました・・・苦笑)
お客様、それからコックピットのケア(←ビジネスクラス担当のCAは、コックピットクルーの飲み物や食事の用意もします)をしながら、
お客様がそれぞれ記入された朝食オーダーフォームを見ながら、朝食トレイを準備し、
朝食のホットミールの数を確認し、
朝食用のパンをコンテイナーからオーブンに移し(ミールの方は、ギリギリまで冷蔵庫に入れておいた方がよいので、休憩から戻ったカリンにお願いすることにして)、
別のギャレーに搭載されている、朝食用のアイオープナー(=ヤクルト、ヨーグルト・ドリンク、野菜や果物のビタミン・ドリンクetc.)を予めビジネスクラスのギャレーに移しておきました。
余った時間で、到着前にお配りするデルフト焼きのミニチュア・ハウスの準備もし、不要になったトローリーの入れ替えもして、
「ファーストシフトの休憩から戻ってきた時に、同僚がここまでやっておいてくれていたら、感激!」
と自分が思えるだけの準備を完了。
休憩を終えて戻ってきたカリンに、
「あとは、ホットミールをオーブンに入れて、新しいコーヒーを入れ、おしぼりを準備するだけヨ」
と伝えて、私も(普段は滅多に行かないのですが、今回は乗務から戻った翌日から子供達と一時帰国予定だったので久し振りに)OCRへ。
数時間後・・・休憩を終えてギャレーに戻ると・・・
朝食のサービスの準備(=ミールトローリーを出して、上にコーヒーカップやコーヒーポット、ジュース、ミルクなどをセットしたり、アイオープナーをトレイに並べたり、おしぼりを温めておいたりetc.)が全然できてない・・・( ̄_ ̄|||)
満席でなければ、エコノミークラスよりも少々遅れてサービスをスタートしても差し支えありませんが、この日は満席。
それに、単純な朝食サービスではなくアラカルトのサービスなので、コーンフレークやミューズりを召し上がるお客様には牛乳を注いで差し上げたりと、時間も余計にかかるし、
朝食のサービスの後にはデルフト焼きのミニチュア・ハウスをお配りしなければならないし(・・・カリンが休憩中に準備をしておいてよかった)、
シンガポールは到着前に、全てのアルコール飲料の数を(栓が開いているものと開いていないものと別々に)数えて、特別な用紙に記入するという面倒な作業もあるのに・・・
カリンはというと・・・
パーサーとお隣のギャレーの同僚に慰められながら、泣いてる…(T_T)
とにかく、とりあえずサービスの準備を始める私。
準備が整ったところで、カリンに
「どうしたの? 大丈夫?」
と声をかけてみたけれど、
「何でもない」
とだけ言って、お化粧室へ行ってしまった・・・
それで、その場にいたパーサーに
「私は彼女の相棒です。 チームワークが大切なこの仕事、相棒が泣いている訳を教えて下さい。」
と言ってみたところ
「・・・旦那さんから離婚を切り出されて、今、辛い毎日を送っているのですって。」
とのこと。
・・・思い切り公私混同( ̄_ ̄|||)
仕事に家庭を持ち込むなんて、日本ではあり得ませんが、こちらではよくある光景・・・
カリンを心配したパーサーや他のギャレーの同僚の助っ人を得て、なんとか時間通りサービスを終えることができましたが、
自分は同僚にこういう私的な迷惑をかけるようなことはしないようにしたい、と心から思いました。
シンガポールでは、客室の同僚達はほとんど皆お買い物に出かけてしまったので、私は残ったコックピットの同僚達と相棒のカリンとで
クルードリンクの後、お食事へ。
川沿いの、とってもロマンチックなレストランIndoChine
シンガポール便がよく付くという副操縦士フーベルトのお勧めのレストラン。
さり気なく流れるボサノヴァやジャズのLive Musicを聴きながら、
多国籍料理風の凝ったお料理を頂きました。
ワインも美味しかったです!
夕食後は、(やはりフーベルトお勧めの)シンガポール名物Night Safariへ。
夜、開園している動物園です。
これが予想以上に面白かったです。
昼間の動物園では動いている姿を見ることができない夜行性の動物達を、間近で見ることができます。
オオコウモリ(←本当に大きい)がミニバナナを食べるところとか・・・
それからムササビがよかった!
意外と大きくて、一見アライグマのようなのですが、木々を伝って高いところに登っては、見学している人間達の頭スレスレのところを、
ビューーーーン!!!
と飛んでいきます。 非常にスリリングでした。
フェレットのようなの(暗くて良く見えなかったxxx)の赤ちゃんが2匹でジャレ合ってる姿も可愛かった♡
ここはいつか子供達を連れて来たいです。
副操縦士のフーベルトがまたとっても紳士で優しくて、
シンガポールへ来るのは今回が初めてだという後輩、セカンド・オフィサーのヨルンの面倒を本当に良く見ていて、感心しました。
彼がゲイでなかったら恋をしてしまいそうでした(笑)
KLM フーベルト&ヨルンと
(左がヨルン、右がフーベルト)
2日目の夜は、夕食後、(これまたフーベルトお勧めの)、InsomniaというBar/ClubでLive Musicを楽しんだのですが、2組目のバンドに見覚えが・・・
2006年の2月(←ブログを遡って確認)、香港のWan Chai(灣仔)にある”Dusk till Dawn“というBar/Club(←Insomniaと同系列のBar/Clubらしい)で演奏していたバンドでした!!
(普段クラシックしか聴かない私でさえ感動するくらい)ものすごく上手な演奏だったので、とても印象に残っていたのです。
とっさに近くにあった紙ナプキンで薔薇の花を作ってボーカルの人に差し上げたら(←我ながら思い切った行動でしたがxxx)ちゃんと受け取って下さって、耳にかけて歌って下さってました。
バンドの演奏が終わって、お化粧室に行った帰り、丁度そのバンドのメンバーの方々が立ち話をされていたので、(思い切りついでに)話しかけてみました。
 
皆さんとっても気さくな方々で、香港がベースの方々らしいのですが、バンドのメンバーの方々の名前やら、メールアドレスやら携帯電話の番号やら書いて下さいました。
バンド名は、charcoal。 日本で演奏したこともあるとか。
「hk charcoal band」で検索すると、YouTubeに動画も載ってました。
ご親切にも打ち上げパーティーにまで誘って下さったのですが、他の同僚達も一緒でしたし、遠慮しておきました。
いつかまたどこかで彼らの演奏を聴く機会があることを願っています♪
今回いろいろお勧めの場所に連れて行ってくれたフーベルトが、10月にヨルンと二人で一緒に東京便をリクエストするかもしれないとのこと。
私が丁度秋休みで一時帰国中だったら、お礼に東京を案内してあげようと思っています (*^-^*)

フライト日記 (Singapore)」への2件のフィードバック

  1. こんにちはー。(^-^)帰国からもどり、ハードにすぐにお仕事・・・お疲れさまです!ギリシャかぁ・・・なんか、すごく遠い国のイメージ。。。というか憧れるなあ・・・。海外って、イタリアしかいったことないけれどこれから、いろんなところに行きたいなー。ギリシャも行きたいです!

  2. >ショコラ果歩さんイタリアもいいですよねぇ~♡最後にイタリアへ行ったのはいつだったかしら・・・最後に行ったのは多分、妹と一緒に行ったナポリかなぁ・・・もう10年近く前じゃないかしら・・・ギリシャもいいですヨ~! ただ、あんまり長く滞在していると太っちゃいますが・・・食べ物が美味しくて(笑)ギリシャは、初めて行ったのはやっぱりアテネでしたが、義理の家族が住んでいるのはギリシャ北部のテサロニキと、テサロニキから車で2時間くらいのパリウリという、カッサンドラ半島にある小さな村です。 (日本人観光客がよく行く)ギリシャの島々にはまだ行ったことがないので、いつかクレタ島とかロードス島、ミコノス島に遺跡を見に行ってみたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中