前世と守護霊

 
子供の頃からいろいろと不思議な体験をしてきたので、
「絶対あり得ない」と証明されない限り
基本的に何でも信じるタチで、
だから占いも、占星術、タロット、全てあり得ると思っているのですが、
 
最近、偶然目にとまった"過去世"に関する本を読み、
現在のトラウマ等が過去(前世)と関係がある、
というのも確かにあり得そうだ・・・と興味を持っていたところ、
 
ピアノ関係の友人J子さんから、
守護霊も前世も見ることができる占い師さんのお話を伺い
しかもこの占い師さん、実家のすぐ近くで、自転車で10分弱の場所(!)
ご縁を感じながら、今回の一時帰国中に予約を取り、
行ってみました。
 
その驚きの結果を、ご報告します↓
________________________
 
【守護霊】

穏やかに微笑む占い師さん(女性)の前に座ると
最初に私の守護霊を教えて下さいました。

「白いベールを被り、両手を広げ、白い光を放っている女神」
だそうです・・・

あとから思い出したのですが、私はそんな女神を描いたことがあります。
20年くらい前に、谷川俊太郎の詩に絵をつけるというイラストコンクールに応募した時です。
(入賞して不二家のケーキバースデーを頂きました(*^-^*))
原画は返してもらえないとのことだったので、カラーコピーし、
それが、ずっと実家のトイレのドアに貼ってありました。
20年も経つと色もあせ、紙もボロボロになって、昨年の実家の引越しの際に処分してしまったのですが、
捨てる前に写真を撮っておいたのがこれです↓

 

白いベールは被っていませんが、多分、私の後ろの方はこんな感じなのではないかと想像しています。

次に予め質問してあったことについて・・・

①幼稚園の頃から20歳くらいまで、人の気配を感じたり、足音や声が聞こえたりしていたことの意味や今後のこと(再度そういうことができるようになるのか否か、再度できるようになることは良いのか悪いのか)。

今も見えているし、聞こえているし、感じているけれど、自分で気付かないようにしているだけ。
霊感を磨くには、きちんと食事をとり、生野菜を五感を使ってゆっくり食べると良い、とのこと。

→以来、毎日、生野菜をパリポリしてます(笑)
(相手の守護霊と話ができるようになったら、機内でも役立つんじゃないかと思って)

②男性に対する気持ちの奥に、何か過去のトラウマがあるような気がしてならないので、それを知って、なんとかしたい。

ここから前世の話に・・・

【前世その1】

7歳の時、「着物を買ってやる」と父に連れられて花街へ。売られて芸者になったとのこと。
芸者仲間からの嫉妬。女性であることを道具に仕事をすることへの嫌悪感との葛藤。

→真剣に、やっぱり!と思いました。 なんとなくそんな予感がしていました。
「さゆり」を読んだ時、映画を見た時、なんとも不思議な見覚えがあるというか、身に覚えがあるような気がしてならなかったので。

でも最後は映画とは大分違って、誰にも看取られずに死んでいく芸者仲間を哀れに思い、彼女達を弔う為に出家して尼になったのだそうです。

【前世その2】

舞台はドイツ。5歳の時、やはり父親に連れられて修道院へ。修道女になるが、神の前で酷い冒涜を受ける。(←詳しくは話されませんでしたが、なんとなく想像はつく・・・それが今のトラウマにつながっているのかも)

→実は学生時代から度々修道院に入りたいと思ったことがあって、妙に納得しました。

【前世その3】

舞台は中近東。砂漠のオアシス。大勢の妻をかかえた男性。全ての女性(=妻)を同じように愛そうと努力。一人だけを深く愛するのではなく、全員を当たり障りなく愛する。

→高校時代からの「全ての人を愛し、全ての人に誠実に」というモットーはここからかも。

【前世その4】

舞台はスペインのマドリード。噴水の横で恋人が弾くギターで踊っている。一番幸せだった人生。しかし、恋人に先立たれ、精神を病んでしまう。一人になる怖さから本気の恋をしなくなっている可能性あり、とのこと。

→ずっとフラメンコを習いたかったのはそのせいらしい。 (念願かなって4月から習い始めました)

【前世その5】

ドイツ。法律を学んだ男性。婚約者は大金持ちの娘。ある日、居酒屋で友人と酒を飲んでいるところを逮捕され、政治犯として地下牢に入れられてしまう。地下牢は暗くジメジメしていて天井は蜘蛛の巣で覆われている。自分がどうして逮捕されたのかわからないまま地下牢で息をひきとる。臨終の時に目にしたのは天井いっぱいの蜘蛛の巣と、糸を引きながら降りてくる1匹の蜘蛛。

→糸を引きながら降りてくる蜘蛛・・・最も想像したくないシーン。 ねずみもゴキブリも結構なんでも平気なのに、蜘蛛だけは本当に苦手で、蜘蛛の巣だけでもダメなのは、ここからきているらしいです。

このお話には続きがあって、
息をひきとった後、魂が体をぬけて天から見下ろした時に、
自分が逮捕されたのが、一緒に酒を飲んでいた友人の裏切りで、その友人が嘘の密告をしたせいだったこと、
そしてその理由が、自分の婚約者に対する横恋慕だったことがわかり、教会でその友人と自分の婚約者だった女性が結婚式を挙げているのを見て、怒り、嘆き悲しむ・・・。

→他の人を完全には信用しきれないor信用するのを恐れがちなのはここからきているとのこと。
「信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷付く方がいい」

という『贈る言葉』の歌詞に惹かれたり、 
皆を信用したい、信用しなければ!
と強く思うのはこの反動?

お話の後に、
「ドイツに気になる教会はありませんか?」
と聞かれて、そういえばミュンヘンに、初めて訪れた時から、行くと必ず入らずには入られない教会があると答えたら、
「恐らくその教会が、裏切った友人と元婚約者が結婚式を挙げていた教会だから、そこで一度、思い切り泣いた方がいい」
と言われました。
ミュンヘンに行かねば・・・飛行機
(一人で泣くのは恥ずかしいので誰か一緒に行って下さい・・・m(_ _)m)

【前世その6】

アメリカの原住民・インディアン。高い崖の上に立ち、海の向こうに何があるのか気になっている。

→高い所から遠くを眺めるのは確かに好きかも。

でも、そんなことより、学生時代に語学留学をするにあたり、(当時ポピュラーだった)アメリカにはどうしても行きたくなくてイギリスを選んだ理由、また、今でも乗務でアメリカへ行くと、どういうわけか居心地悪く感じる理由がわかった気がしました。
インディアン、アメリカ人嫌い(笑)

【前世その7】

これは、元夫との関係に関して、このままでいいのかどうか質問した時に答えて下さったものです。
彼の生年月日だけ聞かれ、外国人(オランダ人とギリシャ人のハーフ)であることは話していません。

舞台はギリシャ(!)
時代は、ギリシャがどこか外国との戦いに勝って、ギリシャという名称になった頃。
その戦いで
「お互い必ず生きて帰ろう!」
と誓いあった戦友だったとのこと。

→お話の後に、彼がギリシャ人のハーフで、彼と知り合ってから毎年ギリシャへ行くようになったことを話したら、前世で関わった場所だから引き寄せられるのだろうとのこと。
歴史書で時代を調べて、当時の画像を見たら、見覚えがあるでしょう、って。ギリシャが外国との戦争に勝ってギリシャという名前になった時代っていつだろう・・・
それから、彼とは夫婦でない方が良い関係でいられるとのこと
(よかった・・・ε-(^。^;)ホッ)

【桃の木のこと】

「他に聞きたいことはありませんか?」
と聞かれ、
ずっと気になっていた庭の桃の木のことを聞いてみました。

いつだったか、フライト中機内で、霊気ができるという同僚に
「あなたもできるはずだからやってみて」
と言われ、何もわからないまま見よう見まねで
喉が痛いという別の同僚の喉に手をかざしてみたことがあって、
本当に喉の痛みが取れたとその同僚は大喜び、
ところが同時に私の喉が痛くなって・・・
帰りのフライトだったのでそのまま帰宅、
(風邪かな?と思ったらいつも飲む)日本の風邪薬を飲み、
喉を温めて安静にしていたのに全く良くなる傾向が見られずふらふら
ほとほと困っていたら3日目くらいに、
急に庭の桃の木が、毎年綺麗な花を咲かせ沢山の実を生らせていた桃の木が枯れて、
それと同時に私の喉の痛みが嘘のようになくなった・・・
ということがあって、
当時同じ家に住んでいた友人K子さんの
「桃の木が身代わりになってくれたのでは」
という言葉に、それ以外考えられないと思った・・・
という話をしたら、
「もともと桃の木は除霊の木。これも桃の木から作られています。」
と、綺麗な模様が彫り込まれた木製の小刀を見せて下さいました。
やっぱり桃の木が私を助けてくれたのね・・・と感動しましたぴかぴか(新しい)

【霊気】

霊気をもっと勉強して、機内などで役立てたいと言ったら、
霊気よりも気功整体の方がいいと勧められました。
そう言われてみれば、霊気とマッサージが混ざったようなイメージの気功整体、確かに興味があるかも・・・
太極拳もいいとのこと。

【その他】

他にも興味深いお話を伺いました。
例えば・・・

*それぞれの魂にはテーマがあって、
  そのテーマは何度生まれ変わっても変わらない。
  私の魂のテーマは「誰かの為に生きる」だそうです。

*「この人は、一体どうして、こんなとんでもないことを言うのだろうorやるのだろうげっそり
  ・・・と思われる人は、生まれ変わった回数が少ない人。

*また会いたいと思う相手には
  「また会いましょう」
  と言って別れれば、例え現世で再会できなくても、来世で再会できる。
  (=魂の約束)
  会いたくない相手には
  「さようなら」
  と心を込めて言う。
 
(乗務でお客様がお降りになる時は「さようなら」と言いますが、心の中では「また会いましょう」と思っているので、そうしたらまた会えるのかな・・・)
________________________

いかがでしたか?
私は正直、びっくりしっぱなしの1時間でした。
心の奥底にあったものと言われた事が次々結びついて。

とにかく実家から近いので、今度はヒプノセラピーを受けてみようかと思っています。

前世と守護霊」への7件のフィードバック

  1. こんばんは( ̄(エ) ̄)ノ霊感とか全然ないんだけれども、誰かに見守られている感覚が常にある今日この頃です。それはさておき、守護霊さんのイメージにぴったりなイラストじゃないですか!その谷川さんの詩も気になるな~。前世その1は、ほんと「SAYURI」の世界ですね、映画で観ました。ところで、前世ってたくさんあるものなんですね、てっきり前世ってひとつだけかと思っておりました。そういえば、僕も英語はイギリスで習ったなあ、居心地のよい田舎町でした。ヨーロッパは好きですが、いまだにアメリカには行ったことがありません。桃の木の話、不思議ですね~。色んな不思議なことがありますね~、その不思議を探るのって興味深いなあ。自分の前世を知りたくなりました。いつも長々としたコメントになってしまってごめんなさい。というわけで、「また会いましょ~う」。

  2. >森のくまさんいつも長いコメントありがとうございます(笑)霊感がなくても、多分誰でも、耳をすますように心をすますと、普段感じないことを感じられるんじゃないかと思います。>誰かに見守られている感覚が常にある・・・それは本当に誰かに見守られているから感じるんだと思います。そんな風に森のくまさんに安心感を与えている守護霊、どんな方なのでしょうね?(*^-^*)

  3. こんにちは。へえ~そんな事あるんですね~。鈍感だから気が付かなかったけど、今思えばいろろあったかも・・。5年前父が入院てた時ふと、実家に帰らなきゃ、喪服とバッグ、お数珠も持ってた方がいいかなって、持って帰ったら1週間後に亡くなりました。息を引きとった時実家で父の洗濯物たたんでいたら、急に玄関から誰か入ってき来たような気がして、足音とはするんだけど誰もいない、母から今息引き取ったからすぐに来てと連絡はいったっけな。きっと父がお別れに来てたんですね。それとか、7年前ぐらいに同期が子宮ガンで亡くなった時、機内でやたらと彼女の事を思い出し、KIXに着いたら友人から亡くなったと連絡あったり、スペインで同僚が不慮の事故で亡くなった時、イタリアからの帰りで次のツアーもイタリアだったんですけど、帰ったら直ぐスペインにとばなきゃ~と思ったら、やはりKIXに着いたら、明日からすぐスペインに飛んでって言われたこともあったな~。復帰決意したのも、先日亡くなった私の復帰を強く願ってた友人が体調悪化させて入院したときだったし、今回私が入院する当日も、通院してた病院に行く前に入院するから掃除しとかなきゃっと思ったり、入院告知されず家に帰って今回の入院の原因になった薬を飲む前に、この薬のんで大丈夫かな・・なんて思ったし、苦しくなった時も普段スカイプで話をしない時間に話してて救急車呼んでもらえたし・・。救急車来たときも何故か、携帯の充電器持ってたし、これがなかったら、電池切れで実家に連絡取れなかったし。今考えれば、今回の主治医との出会いも2年前から前兆あったかも。2年まえの健康診断で、気管支炎の疑い有りってあってほっといたんですが、ちょうどその時期に今回の主治医が着任されてるし、去年秋ぐらいかな、搬送された病院の診察券が財布のカードケースから何度も抜け落ちるし、その頃から体調崩し始めてたんで、実家に連絡したとき、母にもし入院するんだったらって今回の病院名言ってたし・・これも守護霊が教えてくれてたことなんですかね。でも、今回の主治医にお会いしたとき、何故か初対面なのに懐かしい気がして、完治してもらえると思ったのは何故なんだろう・・・。幼稚園の頃、外国に行くって言ったら何故か私の中ではオランダでした、理由わかりませんがオランダに何かあるのかな・・。スペインのアンダルシアに行くと何故かホットするし・・前世でオリーブ摘みでもしてたんでしょうか(^^♪misaeさんのおっしゃる、ギリシャと呼ばれるようになった時って言うのは、1830年ギリシャが独立した時でづかね~。オスマン帝国との戦いで、イギリス・フランス・ロシアが介入して、アドリアノーブル条約、現在のトルコのエディルネって町で独立が認められてるから、イギリス・フランス・ロシアに恩義感じられるとか(^^♪あったりして・・トルコ行進曲聞くとわくわくするとかないですか?(^^♪ コメント長くなっちゃた、ごめんなさい(-_-;)

  4. 前世も守護霊もどちらもとても興味深いです(^^)常日頃から誰かに守られていると実感することが多いので、それが誰なのか?って気になります。自分の中では勝手に母の祖父にあたる人(私の祖祖父)だと思い込んできましたが・・・(微笑)前世についても時々思いを巡らせることがあって、初めて「コレかも?」って感じたのはモーリス・ユトリロの絵画展に行っていてモンマルトルの丘やサクレクール寺院の絵を見たとき!心の底から「すごく懐かしい」と思ったんです(^^;)他にも中世時代がテーマのフランス映画を見ていて剣で闘うシーンは妙に心が騒ぐとか・・・剣と剣が重なって出る時の音「カチャ、カシャーン」を聞くと懐かしかったり・・・はたまた、衣擦れの「シャリッ」とした音だったり・・・機会があれば私も同じ占い師さんに見てもらいたいものです。misaeさんがびっくりした1時間、同じく私も読みながら驚きっぱなしでした!ミュンヘンの教会、ぜひ訪ねてくださいね(同行できるものなら同行したいけれど・・・)

  5. >miyoさんmiyoさんも沢山の不思議な体験がおありなんですネ!偶然のように思えることでも実は必然・・・そんな風に思います。ギリシャの歴史、私も調べてみて多分オスマン帝国との戦争かなぁ・・・と思いました。 でもトルコ行進曲・・・には特別な感情はないです(笑)>アヌークさん私はずっと自分の守護霊は犬だと思っていたんです。 というのも、学生時代に明け方目が覚めて、ふと勉強机の方を見たら、机の前に白い着物を着た人が二人立っていて、そのまま視線を上げていったら、顔が白い犬だった(ような気がした)ものですから。アヌークさんは前世の舞台がフランスだったことがありそうですネ。占い師さん、最寄り駅は地下鉄千代田線の北綾瀬駅です。 HPはこちら→http://www007.upp.so-net.ne.jp/tsyouei/index.html

  6. 素敵な、blogを拝見させて
    頂きました
    ありがとうございます(*^^*)

    私も前世は芸者なので
    似た経験が
    多々あり、驚きを隠せません。

    いつかお会いしたいですね

    素晴らしい人生を歩んで下さいね

    • めんまさん、
      コメントありがとうございました (*⌒―⌒*)
      お返事が遅くなってごめんなさい!
      芸者だった前世でお逢いしていたかもしれませんね。
      今世でもいつかお目にかかれますように・・・!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中