フライト日記 (Dubai)

2010年9月
(DXB)

3週間オランダに滞在予定の両親を東京へ迎えに行き、東京に2泊してとんぼ返りした翌日からのフライトはドバイ便でした。

19時リポーティングだったので、子供達が学校へ出かけた後、お昼まで仮眠を取る予定だったのですが、
電子レンジの設定時のピッピッという音や終了時のピーピーピーという音で結局眠れず。
両親が使っていたのですが、
台所の奥の壁の向こうが寝室だったことに気付きました(笑)

ドバイまでは飛行時間も5~6時間と短いので、仮眠が取れなかったことは気にせずに(*^-^*)

19時スキポール空港なら、17時にユトレヒトを出れば余裕で間に合うので、
15時に両親と一緒にマリアを迎えに行き(←オランダでは一般的に小学生の間は親が学校の送り迎えをします)、それから制服に着替えました。

スーツケースの方は、東京に両親を迎えに行く前に先に作っておいた(※)ので、楽でした♪

(※)KLM JapanのFacebookでの美パッキング術キャンペーン協力の為、
ニューヨークから戻ってすぐにドバイ便用に荷作りしたのです↓
http://www.facebook.com/klmjapan?v=app_7146470109
(キャンペーンは今月いっぱいです)
フライトにどんなものを持って行っているのかを写真で紹介します↓
DSC07515 DSC07513
(↑服とビキニ)                   (↑サンダル)

DSC07518 DSC07512
( ↑ 楽譜)                     (↑ クリスタル)

準備も整い、そろそろ家を出ようとしたまさにその時、電話がなり、
会社からディレイの知らせ。
リポーティングが19時から21時20分に変更になったとのこと。
約2時間半の遅れ・・・のお陰で、
両親、子供達と一緒に夕食を食べてから出られました♪

ドバイ便の機種は、行きはMD-11。
でも、明日の帰りの便はA330。

私はA330の乗務資格を持っていない(=フライトセイフティーの訓練を受けていない)ので、帰りの便はデッドヘッド(=乗客として乗り、乗務はしないクルー)です。
デッドヘッドは私だけかと思ったら、なんとキャビンクルー全員。
その代わり、私達が乗務する行きの便に、翌日A330に乗務するキャビンクルーが全員デッドヘッドで乗っていました。

担当はビジネスクラス。
満席(・・・といっても24名中10名はデッドヘッドの同僚)

エコノミークラスは満席ではなかったので、エコノミークラス担当の同僚達の内、Tweebander(=”2本線”=ビジネスクラス・サービスの訓練を受けたCAで、制服に2本白線が入っています)の二人がビジネスクラスを手伝ってくれることに。
24名を4人で担当したので、サービスがあまりに早く進み過ぎて、お客様がゆっくりできなかったのではないかとちょっと心配しました。
過ぎたるは及ばざるが如し・・・

ドバイ到着は現地時間で午前5時過ぎ。 (オランダ時間だと午前3時過ぎ)

ホテルのチェックインが済む頃には、もう朝食ビュッフェが始まっていたので、直行。
目的は、大好物のFoul Moudamas (←Wikipediaの綴りと異なりますが、ドバイではいつもこのように記載されています)
DSC07563
数種類の煮豆に、みじん切りのトマトとタマネギとパセリ、カルダモンのパウダー、レモン汁をたっぷりかけて頂きます。

それからお昼過ぎまで仮眠を取るつもりが、(帰りはデッドヘッドだし♪と)結局NHKを見てしまって一睡もしないまま、
午後はホテルのピアノを弾かせて頂きました。
世界中いろいろな国でクルーホテルのピアノを弾かせて頂きましたが、私はここのピアノが何故か好きで・・・とても気持ちよく練習することができました。

ピアノの練習を終えてロビーを通りかかると、パーサーと同僚達何人かが
ドバイ便も一日2便あるのですが、午後10時過ぎにcalling(=ウェイクアップコール)がある便(←ちなみに私達のcallingは午前4時過ぎ)の便が急に機種変更になって乗務員数が足りなくなり、
デッドヘッドで帰るはずだった私達の同僚の内の4名が、急遽、乗務して帰ることになったとのこと。

私達はディレイでドバイ到着も遅かったので、その4人にとっては24時間も滞在しないまま、しかも、デッドヘッドだと思っていたのが乗務することになり、ショックを受けていました。
朝食後に仮眠をちょっとでも取っていたら、私が代わりに乗務して帰っても全然構わなかった(というか私は乗務できた方が嬉しい)のですが、
(ドバイから帰った翌日から両親と子供達を連れてニースへ向かうことにもなっていたし)
どう考えても体力的に無理そうだったので、申し出ませんでしたが・・・
気の毒でした(>_<。。。

夕食はホテルに直結したレストランWAGAMAMAで。
オランダ人は”日本食レストラン”と言ってますが、(あとで写真もアップしますが)全然違います(^^ゞ

帰りはそんな訳でデッドヘッド。 ビジネスクラスでのんびり・・・しようと思ったら、たまたま気が向いて読んでいたPVS(=パーソナル・ビデオ・システム)の使用説明文の日本語訳に間違いを発見。 サービスリマーク(=機内での問題等を会社に連絡する為の報告書)を書いているうちにアムステルダム到着。

スキポール空港からはいつも電車なのですが、駅のホームで一人のおばあちゃまに声をかけられました。
「切符は電車の中で買うのですか?」
電車の中で買うととても高額になることを説明して、電車が来るまでまだ時間があったので、一緒に切符を買いに。
行き先を聞くと、ユトレヒトだとおっしゃるので、
だったら私の割引券が使えると(オランダの電車の割引券は同行者3名も同じ割引が使えるのです)、その割引切符代だけ頂いて、一緒に電車に乗りました。
電車の中でお話を伺うと、ノルウェーから学会の為にオランダにいらしたとのこと。
ユトレヒトに着いてからホテルにチェックインし、翌日、バスでユトレヒト大学病院へ行かれるとのことなので、
ユトレヒト到着後、駅の近くのホテルまでお連れして、バス停の場所をお教えし、
それから帰宅。
いつかノルウェーに行くことがあったら、おばあちゃまから頂いた名刺の連絡先に連絡してみよう・・・こういうのも何かのご縁。この出会いも大切にしたいです。

では、そろそろ時間なので、空港へ向かいます。
東京便のフライト日記は、今日からのフライト(・・・も東京便なのですが)から戻ったら書きますネ。 いってきます!

フライト日記 (Dubai)」への2件のフィードバック

  1. こんばんは( ̄(エ) ̄)ノ
    KLMの美パッキング術、すごく興味深かったです!
    みなさん、色んな工夫して綺麗にパッキングしてますね~。
    あと今頃気づきましたが、ご自身のYouTubeをお餅、もといお持ちなんですね~、ナポリピッツァ美味しそうでしたね、出来あがるまでもとても楽しそうだったし。
    そうそう、「デッドヘッド」って単語を初めて知りました!
    おばあさんとの出会い、また何処かで繋がりそうですね。

    • 森のくまさん、コメントありがとうございます!
      KLMの日本支社もいろいろなイベントを考案して頑張ってますよネ。応援したいと思っています。
      はい、実はYouTubeのチャンネルを作ってみたのです。もっとピアノの演奏をアップできたらいいのですが、最近(右手右腕もまだ本調子でないこともあって)あまり練習できなくてxxx
      おぱあさんとの出会い、お客様との出会い、このブログを通じての出会い、とっても貴重に思っています(*^-^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中