フライト日記 (Johannesburg)

(こちらは1ヶ月遅れです・・・スミマセン)
(写真を追加アップしました)

2011年11月
(JNB)

久し振りのヨハネスブルグ便。
(南アフリカ路線はこのところずっとケープタウン便ばかりだったので)

機種はB777-200。
担当はビジネスクラス。満席。

ブリーフィングで印象に残っているのはパーサーからの
「私達自身が商品」
という言葉。
全てはプレゼンテーションする私達にかかっている・・・
乗務前に非常にやる気の出る言葉でした。

今回の相棒は、普段はジュニアパーサー(=エコノミークラスを仕切るパーサー)のロバート。
とても優しくて、協調性もあって、一緒に働きやすい一方で、
普段はエコノミークラスを担当しているからか、
満席のビジネスクラスではあまりしない(少なくとも私はしない)ことをしてしまうことも・・・

例えば、お食事が終わったお客様のトレイをどんどんギャレーに下げてきてしまったり・・・

エコノミークラスでは1トレイでサービスが終わりますが、
ビジネスクラスでは前菜の後、主菜、そしてデザート、とサービスが続き、
ギャレーでは次のサービスのトローリーの準備もしないといけないし・・・
下げ物をする前に、パンやワインのおかわりをお伺いしたりといったサービスもあるのに
そういうことを全て飛ばして、さっさとトレイを下げてしまって・・・(^^;;

他のお客様がまだお食事をされている中、 ギャレーとキャビンを行ったり来たりして、 お食事を終えたお客様から順に次々と下げ物をするというのは
お食事中のお客様を追い立てるようで失礼ではないかと思うのと、
(何らかの事情で目的地到着前に時間がなくなり・・・というような場合は例外ですが)
通路を挟んだ2つの担当エリア、揃って同時にトローリーでサービスに出た方が、
(エコノミークラスでも同じだと思いますが)
チームワークとして好ましいというか、見た目的にも美しいと、私は思うのです。

が、気付いた時には彼の担当エリアだけトレイがすっかり下げられていて、
ギャレーは下げられたトレイでいっぱい・・・

満席で、注意する暇などなかったので、とりあえず、ギャレーのトレイを片付け、
次のサービスのトローリーの準備をし、
サービス手順の話はとにかく全てのサービスが終わってからしようと思っていたのですが、
出発前に起きた別の問題(※)に関して話しているうちに、し忘れてしまいました・・・(^^;;

(※)出発前に起きた別の問題というのは・・・
今回、実は社員割引で乗っていらした方がお二人いて、
他社の社員の方々だったのですが、
なんと生後数ヶ月の赤ちゃん、1歳と2歳のお子さん連れで・・・
子供は子供でも(赤ちゃん1人ならまだしも)乳幼児3人・・・私だったら例え自社便でなかったとしても社員割引でビジネスクラスに座るだろうか・・・(多分、エコノミークラスへのダウングレードを申し出たでしょう)
しかしながら彼らは、ご搭乗早々、「席が離れてしまったから一緒に座らせて欲しい」とパーサーに頼んだらしく(∥ ̄■ ̄∥) 、
(社員割引の時は、空いたお席を頂くので、隣同士になれるとは限りません)
空席がある時ならまだしも、この日は満席。
ビジネスクラスでは、Welcome Drinkのサービスやらアメニティーキットの配布やらで忙しくしているというのに、
その社員割引一家を並んで座らせるが為に、パーサーが他のお客様にお席の移動をお願いし・・・
正式なビジネスクラスのお客様にご迷惑をおかけしてまで、
満席のビジネスクラスで、
乳幼児を3人も連れた社員割引の一家をそこまで優遇する必要があったのか・・・
パーサーの判断で、社員割引の乗客をエコノミークラスに移すことはあっても、こういうのは私も初めてで驚きました。
フライト中も忙しいサービスの最中に(「赤ちゃんのミルクを用意して欲しい」「離乳食を用意して欲しい」「子供が大人用の食事を食べないので何か別の物を用意して欲しい」等)大変注文が多く、満席のビジネスクラスに迎え入れるには相当迷惑な社員割引客で・・・
この件に関しては、相棒のロバートがパーサーに意見してくれていたので私からは特に何も言いませんでしたが。

そんなこんなで、てんやわんやのうちにヨハネスブルグ到着。
幸い、正式なビジネスクラスのお客様から(その乳幼児連れ社員割引客に対する)苦情が出ることもなく・・・(〃´o`)=3 ヨカッタ

同僚達の半数は翌日早朝から1泊2日のサファリツアーへ。
私は、クルーホテルのマネージャーに伺ったところ、夜、ホテルのロビーのピアノを弾かせて頂けるとのことだったので、
ホテルに残ることにしました。

翌日は、ホテル居残り組4人でとった朝食の席でたまたま話が出て、急遽、射撃場へ行くことに。
一見バッティングセンターのような入り口から中に入ると、
ドラマや映画でしか見たことのない大小様々な銃が・・・

見ただけでもう心臓ばくばくでした。
何のセキュリティーもなく、身分証明も何もしないで、本物の銃と本物の弾丸をレンタルできる・・・
というのも(いつどんな人がレンタルするか分からないというのが)
恐ろしく、
銃の扱い方の説明を聞きながら、辺りに様子が変な人はいないか気になって仕方がありませんでした(汗)

銃声が轟く射撃場・・・
まさにドラマや映画で見たままの光景・・・

4人で4種類の銃をレンタルしたので、
5発ずつ撃って銃を交換しようということになったのですが、
一番小さい銃からスタートした私は、
(他の人が撃つ銃声にもビックリしまくっていたのですが)
自分の銃声にもビックリして、
撃つ度に体がビクッと飛び上がってしまい、
撃つ度にその衝撃で体が後ろに飛ばされ、
撃つ度に弾丸の外側の部分(←なんと呼ぶのでしょう?)が顔めがけて飛んでくるので、
その恐ろしさに、2つ目の銃でもうギブアップ。
 
そもそも撃つ時も(人型に狙いを定めるのが恐ろしくて)標的を見ていられない(=目を瞑ってしまう)ので、
射撃は自分には本当に向いていないと確信し、
それ以降はカメラマンに徹しました(笑)

命中率1番だったのは女性パイロット(副操縦士)のエレン。
格好良かったです(*^-^*)

銃を返却した時は心底ホッとしました(笑)

クルーホテルに戻り、夕方までのんびりした後、ホテルのバーでクルードリンク。
夕食はホテルのレストランで。
南アフリカは食事もワインも美味しく、毎日大満足でした。

夕食後は毎晩夜中までピアノを弾かせて頂きました。
 

時々同僚達が聴きに来てくれ、
(相棒のロバートは読書をしながら2時間以上聴いていてくれました)
中には感動して涙を流してくれた同僚も・・・
バッハの『G線上のアリア』を聴いて、無くなった旦那様を思い出したというエスメラルダ。
中村由利子の『Dear Green Field』を聴いて、音楽を聴いて感動して涙が出たのは初めてだというダイアン。
彼女には結婚式でこの曲を弾いて欲しいと頼まれました。
光栄です。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

ランチには、クルーホテルから歩いて数分の所にあるカフェレストランEuropaで、毎日お寿司を頂きました。

同僚のお勧めで、Wheat Grassという緑色のジュースにもトライ。

意外と美味しかったです♪

そして帰りの便。満席。

はっと気付いた時には時既に遅く、行きの便同様にお食事を終えたお客様から順にどんどんトレーをギャレーに下げて来てしまう相棒のロバート。ヨハネスブルグ滞在中にこのことを話そう話そうと思っていたのに(ロバートも初日はサファリに出掛けていたこともあり)すっかり忘れていました。

彼は通常はエコノミークラスのパーサーとして働くので、ビジネスクラスのサービスに関して細かいことを注意することに意味があるのか?
という迷いもありました。
が、シニアパーサーからも
「二人はスムーズにサービスできているのにも関わらず、チームワークが上手くいってるように見えないのはなぜかしら・・・?」
という指摘があったので、
シニアパーサーも交えて、
相棒同士はやはり(特別な事情がない限り)
一緒に準備して、一緒にキャビンに出てサービスし、
下げ物も(本来のマニュアルにある通り)二人同時に一緒にトローリーでキャビンに出てした方が、
見た目もバランスが良いはずだとお話ししました。

(こういった話を、パーサーも含め同僚同士で腹を割って話せるのも、この会社の良いところだな・・・と改めて感謝しつつ)

相棒が同じ2本線(=制服に2本白線があるCA=ビジネスクラスの訓練を受けたCA)の時には多分起こらない問題。
私も勉強になりました(*^-^*)

_____________________________________________

今年も残すところあと約1時間半(オランダ時間だとまだ9時間半ありますが)。
12月のフライト日記が2つ、年を越してしまいそうです・・・(^^;;

今年は久し振りにオランダで新しい年を迎えます。
(外では既に花火や爆竹の音がしています)

皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中