フライト日記 (Cape Town)

2008年1月
(CPT)
 
今年の初仕事は、スタンバイで呼ばれたケープタウン便 です 飛行機
 
南アフリカの季節は夏晴れ
夏でも暑過ぎず(=日中の最高気温は28度前後、最低気温は15度くらいでした)過ごし易いケープタウン・・・ 
観光地も多く、食事もワインも美味しいので、オランダ人の同僚達からも人気の路線です。
 
現地に3泊できるスケジュールの為、同僚達の多くは家族や友人を連れての乗務。
そんな中で、スタンバイで呼ばれて乗務するのは私一人・・・現地で同僚達との食事やおしゃべりを楽しみにしている私は、今回は滞在中もしかしたら一人ぼっちになるかも・・・涙
と覚悟していたのですが、
パーサーのアネミークと彼女の女友達ヤコミン、同じギャレーの相棒パトリースと彼女の女友達ゲイビーが、毎日誘ってくれたお陰で楽しく過ごすことができました♪
 
 
<1日目>
 
現地時間午後11時到着。 クルーホテルに到着したのは午前0時過ぎ。 急いでシャワーを浴びて着替えて、ホテルのバーへ。 閉店の午前1時30分までクルードリンク
ここのクルーホテルのお部屋が、と~っても素敵なのですぴかぴか(新しい)  特にバスルームがお気に入りです♡
 
 
<2日目>
 
まずは朝食。 超ドぎつい深緑色をした不気味なジュース、ほうれん草&パパイヤジュースにトライ・・・これがなかな美味しくて何度もおかわりしてしまいました♪
 
朝食後、パーサーのアネミークと彼女の女友達ヤコミン、同じギャレーのパトリースと彼女の女友達ゲイビーと5人でClifton Beachへ。
  
気温はまさにビーチ日和だったのですが、風が強く、パラソルが度々煽られ(→何度も上に飛んで行きそうになって、必死に押さえていました)、あんまりくつろげませんでしたが、
超寒くて雨模様だったオランダを想うと、どんなに風が強くても、こんなにお天気で暖かいことに感謝せずにはいられませんでした。
 
夕方、遅めのランチをCamps BayParangaというCafeで。 他の同僚達とも合流し、美味しいワインと一緒に、(寿司コーナーがあったので)アボカド巻きを頂きました。 
  
ホテルに戻ると、皆、疲れたので夕食は食べずに休むと言うので、踊りに出かけるというエコノミークラス担当のイヴェルナとマライア、副操縦士のマーセル、セカンド・オフィサーのルネにジョインさせてもらうことに。 
セカンド・オフィサーのルネは乗務歴2年、まだ23歳の青年ですが、同行する副操縦士のマーセルは45歳、イヴェルナとマライアは43歳・・・マーセルは2人目の赤ちゃんが生まれたばかり、イヴェルナも3人の子持ち、マライアはまだ結婚はしていないけれど同棲中の彼有り・・・だけど
 
「フライトに出ている時は、家の事はきれいさっぱり忘れて、一夜限りの恋愛だって自由に楽しまないとネ♡」
 
ですって・・・(^^ゞ
(↑ 注: オランダ人の同僚達全員がそういう訳ではないと、思います・・・願います・・・)
私も自由は楽しもうと思っていますが、一夜限りの恋愛は、やっぱりちょっと・・・(^^ゞ
 
 
一夜限りの恋愛やる気満々の彼らに連れられて行ったのは、La Medというビーチ・ディスコ。 
こんなに混んでいては全然踊れないのでは・・・(^^;)
というくらい超混みで、その場でリズムを取るのがやっと。 
そんな中、何故か(→多分アジア人が珍しいから?)一番やる気のない私にばかりお声がかかり、しかもかなり強引で、あんまり何度もキスされそうになるので、イヴェルナとマライアにレズビアンの彼女のふりをしてもらったり(→大抵そのままイヴェルナが彼らを引き受けてくれました)してなんとか乗り切りました。
場所を変えて、軽食を頂いた後、街中のゲイのディスコへ。 
ゲイのディスコだからと言って、ゲイばかりではないのです・・・ここでも私ばかりお声がかかり(←ダンス相手のお誘いだったのでお受けしましたが)・・・(^_^;)
クルーホテルに戻って、イヴェルナの部屋で飲み直すことになりましたが、
「misaeは・・・2階よね?」
と、エレベーターでマライアに私だけ別の行き先階(=私の部屋がある2階)を押され、
そうか~女性2名vs男性2名のところに私が入っては1名余分なのだナあせあせ(飛び散る汗)
と察して、撤退(笑)
 
 
<3日目>
 
朝食後、前日同様、パーサーのアネミークと彼女の女友達ヤコミン、同じギャレーのパトリースと彼女の女友達ゲイビーと5人でワイナリー・ツアーへ。 
貸切のミニバスで半日。 一人200ランド(=約25ドル)。
パトリースがワインに詳しく、行きたいワイナリーとして既にいくつか調べてあったのですが、運転手が
「それらは全て月曜日は閉まっている」
と言うので、行き先は彼に任せることに。
 
最初のワイナリーは、Sevenwacht
早速白ワイン3種を試飲。 パトリースが分厚いワイン事典を広げていろいろと説明してくれました。
ふと奥を見るとピアノが置いてあったので、店主に頼んで弾かせていただくことに。 蓋を開けたらBechsteinの文字が! スタインウェイ・ベーゼンドルファーと並んで世界三大ピアノメーカーに数えられる、かの、ベヒシュタインです! 調律もされておらず、どうやら何年も放ったままのピアノのようでしたが、それでも本当に美しい音色のピアノでしたぴかぴか(新しい)
お天気が良かったので、赤ワインとデザートワインの試飲は外のテラスで。
南アフリカのワインで、イマイチ美味しくなかったのは、ここのワイナリーが初めてでした・・・φ(.. )  
Sevenwacht、お勧めしません(笑)
 
店内で販売されていた最新版のワイン事典をゲイビーからプレゼントされたパトリース。 再度、行きたいと思っていたワイナリーのページをチェックすると、月曜日が定休日というワイナリーはない、とのこと。 運転手にその旨伝えると、店員としばらく話をした後戻って来て、
「今、店員が電話で確認したが、貴女方が行きたいと言うワイナリーは、やっぱり月曜日は閉まっているそうだから、次は、このワイナリーのオーナーがお勧めのワイナリーに案内します。」
とのこと。 
ミニバスに戻り、次のワイナリーに向かう途中、試しに、携帯でそれらのワイナリーに電話を入れてみたら、ちゃ~んと営業していました・・・(;-_-;)
運転手にそう伝えると
「なんてことだ! あのワイナリーの店員が嘘をついた! 電話をしたのは私ではなくさっきの店員ですからねっ!」
 
・・・う~ん・・・非常に怪しい・・・恐らく最初から、運転手とそのワイナリーはグルだったのでしょう。
最初に行った(あまり美味しくなかった)ワイナリーは、この運転手のお勧めでしたから。
先程の(あまり美味しくなかった)ワイナリーの店員お勧めだという次のワイナリーに到着しましたが、お目当てのワイナリーが営業していることがわかった今、ここにはもう用はない!ということで、パトリースお勧めのワイナリーへ向かうことに。
 
2番目のワイナリーはAsara。 ここでランチもすることにしました。
美しい景色と美味しいワインと美味しいお料理・・・幸せ♡
 
3番目のワイナリーはTokara。 モダンな建物が印象的なワイナリー。 ワインも美味しかったです!
 
最後のワイナリーはBoschendal。 本日、試飲が無料でなかった唯一のワイナリー。 オバマ大統領似の陽気な店員のサービスが素晴らしく、笑いながら楽しく試飲できました。 ワインのお味も、全員一致でここのワインが一番美味しい!ということで、皆ワインを数本ずつお土産に購入して、ホテルに戻りました。
 
運転手の言うことを信じず、自分達で電話して営業を確認して本当によかった!!
 
夕食は、The Showroomというレストランで。 透明感のあるインテリアが印象的で、欧米のレストランにしては珍しく照明も明るく、煌びやかなイメージのレストランでした。 お料理も、多国籍創作料理と言う感じで面白く、味もとっても美味しかったです!
 
 
<4日目>
 
朝食後、最終日の今日は、皆それぞれの友人と二人きりで楽しみたいとのことで、ついに一人ぼっちとなりました。
まずはホテルのシャトルバスでWaterfrontへ。 
そこのショッピング・モール内にあるスーパーで、『Lemmon Pepper』を購入・・・
これが本当に、何にかけても、
お肉にかけてもお魚にかけてもサラダにかけてもパスタにかけてもスープにかけても、
と~っても美味しいのですハート達(複数ハート) 
南アフリカへのフライトが付くと、必ず買って帰ってます。 最近は外国のものでもなんでもある日本、きっと売ってると思いますので、皆さんもお試しあれ!
 
ホテルに戻って、ホテルの最上階のプール(←一面窓で、絶景です・・・夜、泳ぎに来れば夜景を楽しめます)で一泳ぎした後、サウナへ。
ここも一面窓で絶景なのですが、男女混浴(?)なので、ちょっと緊張します。
先程行ったWaterfront、その右手は海、左手は山・・・その手前では来年のワールドカップに向けてサッカーのスタジアムやホテル、高速道路の建設が進んでいます。
体が温まったところで、同じ階にあるサロンでマッサージをしてもらい、部屋に戻ってCallingまで約2時間程仮眠を取りました。
 
機種はボーイング777。 担当はビジネスクラス。
行きも帰りも満席でしたが、パーサーのアネミークが頻繁に手伝いに来てくれたお陰でスムーズに楽しくサービスできました。
 
飛行時間約11時間と長いフライトなので、乗務員は交代でOCR(=Overhead Crew Rest)のベッドで横になれるのですが、行きも帰りもベッドで休まなかった私にみんな驚いていました。
が、ギャレーに残っていたら何だかんだやることが沢山あるし、同僚達とももっとお話したいし、機内での仕事は本当に楽しいので休憩取るなんてもったいない・・・と思ってしまうのデス(^^ゞ
それと、私はどうやら「食事を摂れば(寝なくても)すぐに体力が回復する」ので、ちょっと疲れたら食べる・・・睡眠より食事なのですレストラン
 
満席のビジネスクラス、乗務を終えてガッツポーズ!とまでは満足のいくサービスができませんでしたが(反省)、
スタンバイで呼ばれたケープタウン便、同僚達にも恵まれ、美味しいお食事と美味しいワインを満喫し、 
本当に楽しい初仕事となりました!(感謝)
 
  ・  ・  ・  バラ  ・  ・  ・  バラ  ・  ・  ・
 
今週末は従妹の結婚式と父の古希のお祝いで帰国します!
次のフライトは来週末からカイロ便です 飛行機
 
 

フライト日記 (Stand-by)

2009年1月
(RT)
 
2009年は冬の休暇中、一時帰国先の日本で迎え、子供達の学校の始業に合わせて1月3日にオランダに戻ってから更に約2週間経って、
1月17日にやっと休暇が明けました。
 
休暇明け、今年最初の乗務は・・・ブロック・リザーブと呼ばれる5日連続のスタンバイが付いた為、未定。
(上のRTというのはReserve Thuisの略で、日本語に訳すと自宅待機です)
 
日本ベースで乗務していた頃は、一日一便だけのスタンバイだったので、確か早朝数時間程待機すればよかったのですが、
オランダベースの場合は、一日に何便もあるので(・・・何便あるのでしょう???)スタンバイの人数も、スタンバイ時間もずっと多い・・・
ベースを移した当時は、一日12時間(→例えば、朝7時から夜7時etc.)待機だったのが、何年か前に一日8時間に変わりました。
 
今回のスタンバイは、1月17日(土)から21日(水)までの5日間、毎日午前9時から午後5時まで(="9時5時"ですネ)の8時間。
 
今月は、24日に友人の誕生日会(→オランダでは、大人になってからも誕生日は重要で、家族や親しい友人を招いてお祝いをします)、31日には東京で従妹の結婚式があり、
スタンバイ中、いつ、どんな便に呼ばれるかによって、出席できるか否かが決まるので、いつもに増してドキドキでした。
 
例えば・・・初日にトリップ・サイクルが一番短い便=1泊3日で往復乗務した後、お休みが7日間(←乗務割合が100%の場合はお休みは2日間)=トリップ・サイクルが10日間の便に呼ばれた場合は、
1月17日に出て1月19日に戻り、1月26日までお休みで次のフライトは1月27日からになります。 24日の誕生日会には出席できますが、1月27日から再び乗務となると、1泊3日の便なら29日に戻れて、そのまま従妹の結婚式の為に帰国することも不可能ではありませんが(←体力的にかなりキツいですxxx)、現地に3泊以上するフライトが付いてしまうと結婚式には出席できなくなってしまいます。
あるいは、スタンバイ最終日に現地での滞在が長い便=例えば7泊9日のバンコク便などに呼ばれた場合は、
1月21日に出て、戻るのは1月29日・・・24日の誕生日会には出席できなくなり、結婚式も相当な疲労困憊状態での出席となります。
 
私としては、(月曜日アムステルダム発の大阪便が2泊のスケジュールなので)スタンバイ3日目に大阪便に呼ばれたら嬉しいなぁ~揺れるハートと期待していました。
 
スタンバイ初日の17日土曜日は、子供達が通っている日本語補習校で保護者の茶話会があって、その時間に電車で向かうのも面倒なので、朝8時までに呼ばれなかったら、子供達と一緒に元夫に補習校まで送ってもらって補習校で待機し、
呼ばれたら補習校から電車で空港へ向い、呼ばれなかったら茶話会に出席しよう!と思っていました。
 
そしてスタンバイ初日の前日、会社から
「初日だけ、朝9時からではなく7時から待機して下さい。」
という電話があり、な~んとなく、誰か病欠しそうな同僚がいるんだろうなぁ・・・という予感が。

翌日(17日の土曜日)、朝6時起きで支度し、7時には準備が整い、
子供達を起こすのは8時で間に合う(電車で行く時は7時半に起こします)ので、それまでmixiでもして待ってようか・・・
と思っていたら、7時5分に電話がphone to

ケープタウン便リポーティング(出社時間)は午前8時15分」

1時間10分以内に空港・・・支度ができててよかった~ε-(-_-;)ホッ
急いで元夫に伝えて、子供達を起こし、皆で空港へ。
子供達は、私のブリーフィングが終わった後、空港から補習校へ向かいました車(RV)

人気路線の一つであるケープタウン。 

あんなギリギリに呼ばれたところを見ると、病欠をとった同僚も、ギリギリまでなんとか乗務したいと思っていたのでしょう・・・可愛そうに・・・

でも、私の方は、彼or彼女のお陰でトリップ・サイクル22日間のケープタウン便に乗務でき、
そのお陰で2月7日までお休みになり、
今週末の誕生日会に出席できるようになり、
今月末の従妹の結婚式にも出席できるようになりました!(感謝)

 
ケープタウン便のお話はまた改めて♪
 
 

オランダの冬・・・今年は寒いデス

 
日本で新年を迎え、お正月(料理)を満喫し、富士山富士山に見送られて、先週末オランダに戻って来ました。
 
東京では連日とっても良いお天気晴れで、最高気温11度最低気温も3度と過ごしやすかったのですが、
オランダに戻った日、雨模様雨のアムステルダムの最高気温1度最低気温マイナス7度・・・
 
このところ暖冬が続いていたのですが、今年は、久し振りに本格的な冬が訪れたようです。
久し振りの大寒波・・・
 
今週はもっと寒くて、2日前には最低気温マイナス15度にもなり、
朝、マリアを自転車で学校まで送って行くのですが、自転車にが降りていて、乗る前にサドルのを削り落とさないといけません。
(↑ 半年前からオランダで自転車に乗り始めました自転車 行動範囲が少しだけ広がりました♪)
 
日本でも北国では普通のことかもしれませんが、東京で生まれ育った私にとっては、朝、自転車にが付いていたり、道路(歩道や自転車道も)が凍っていたり、というのは経験がないので、
緊張します。 
道路などが凍った状態をオランダ語ではijzelと言うらしいのですが、
「非情に薄く、透明で、張っていることが分かり辛い氷」
で、油断すると転ぶので要注意です。 オランダ人も自転車ごと転んだりしています・・・げっそり
自転車をこいでいるうちに冷気で顔が痛くなったり、鼻の中がかすかに凍ってくる感じがしたりするのにも、慣れない私はいちいち動揺しています(笑)
 
オランダで初めて寒波を体験したのは、確か、オランダに引っ越してきたばかりの頃。 
丁度妹が遊びに来てくれていたのですが、観光案内するにも寒いのなんの・・・
最低気温マイナス22度・・・駅で電車を待っていると鼻の中が凍ってきて大変でした。
オランダはあまり雪が降らない(←山がないから???)のですが、その年は10cm以上も積もる大雪になり、妹をパリへ連れて行こうと思ったら、パリも大雪で空港閉鎖xxx
散々でしたが、今ではそれも良い思い出です (*^-^*)
 
今年は、久し振りに運河も凍りました。
人々はマイ・スケート・シューズスキーを持って運河や池・湖に集い、アイススケートを楽しんでいます。
小さい子供が、椅子に摑まって(椅子と一緒に滑って)練習している光景が微笑ましいです♡
 
久し振りの寒い冬に、オランダ人の間では
「もしかしたら今年は、11市周遊アイススケートマラソン大会Elfstedentocht)が開催されるのではないか!?」
と期待が膨らんでいるようです。
Elfstedentochtは、オランダ北部のフリースランド地方(Friesland)の11の町や村を結ぶ運河200kmをスケートで滑るというオランダの歴史的なアイススケートのイベントで、最後に開催されたのは1997年・・・つまり、今年開催されることになったら、12年振りの開催となります。 そういえば、1997年に開催された時は、11年振りだったような・・・
全ての運河がしっかり凍らないとダメなので、なかなか開催されないこの大会、今年はどうでしょう・・・?!
 
近所の運河や池・湖でスケートを楽しむ人々の姿を新聞やニュースで見ながら、寒さに弱い私は、スケートには出かけずに、家でピアノを弾いてます・・・(^^ゞ
 
先程インターネットでニュースを読んでいたら、芸能関係のニュースに内田有紀のインタビュー記事があったのですが
「心が揺れないと出来ない。役へのアプローチの仕方が変わったと思います。本気で向き合うようになっているからこその悩みというか。死ぬ役が来たからって死ねない。表現がリアルならばいいかと言えば、そうではないし…。お客さんに伝わらなければ意味はないけれど、伝えるために分かりやすい表現ばかり考えてしまうのもどうかと思うし。だから全部がバランスなんだ、と考えましたね。技術だけでもだめ、魂と技術のバランスです。」
これって音楽にも言えることなんじゃないかな・・・と思いました。 
技術だけでは感情は伝わらない・・・けれど、感情ばっかりで技術がないというのも騒がしいだけ・・・
魂と技術のバランスのとれた演奏に少しでも近づけるように頑張りたいです♪
 
休暇前のフライトから戻って1ヶ月・・・来週末に休暇が明けます。
今年の初仕事は、スタンバイがついているので、フライトに呼ばれてからのお楽しみぴかぴか(新しい)
そういえば・・・魂と技術のバランスって、接客の仕事にも言えることかもしれませんネ・・・(*^-^*)
 

あけましておめでとうございます

 
今年も日本で新しい年を迎えることができました。
 
昨夜は、『紅白歌合戦』『ゆく年くる年』を見ながら年越しし、実家恒例の今年の抱負会をしました。
今日は、これから子供達と初風呂のあと、両親とお節料理・お雑煮などをいただき、夜は皆で映画を見る予定です。
 
その合間に私は引き続き年賀状書き・・・
今まで毎年450枚、宛名も手書きで書いていたのですが、今年は(経費&時間節減の為)400枚に減らしました。
オランダに戻るまでにあと約200枚、なんとか書き終えないとxxx
 
2009年も、皆様にとって、健やかで、幸せな一年となりますように!! ぴかぴか(新しい)