スキポール空港のピアノ

しばらく前から、オランダの各所に、”ご自由にお弾きください”ピアノが置かれるようになり、スキポール空港にも、出発ロビーのクルーセンターへの入り口すぐ近くにカワイのピアノが置かれているので、乗務の前後、時間のある時には弾かせていただいています。

今月はヨーロッパ路線が沢山付いていて、連日あちこち行ったり来たりしているのですが、先日、ベルリンから戻った後にそのまま乗務予定だったエジンバラ便が30分ほどディレイしたので、クルーセンターで待つ代わりに、ピアノを弾きに行きました。

この日は、テロのあった週末が明けた最初の月曜日で、フランスとは同じEU国であるオランダは、半旗を掲げ、正午に1分間黙祷を(わたしはベルリンからの帰りの便の機内で)捧げました。

ピアノを弾いたのはその後だったのですが、たまたま空港にいてピアノを聴いた同僚が、エールフランスとKLMが共有しているSNSサービスにこんな素敵な投稿をしてくれていました。

Previous monday, shortly after the one minute of silence for the victims of Paris, the departure hall at Schiphol was filled with beautiful pianomusic. The airport has indeed set up a piano in the departure hall together with a sign “show your talent!” Coming from around the corner I noticed the person responsible for this amazing sound. Check it out!It happened to be a sad day, but it received a slight golden trim, thanks to this crewmember. 

 

演奏したのはフォーレのシシリエンヌとショパンのノクターン20番と2番、バッハのG線上のアリアとベートーベンの月光ソナタ(1楽章)…人々の心に少しでも明かりを灯せたのだとしたら、本当に良かった…素敵な音色のカワイピアノに感謝♡