フライト日記(Shanghai)

2006年4月
(PVG)
 
4月27~30日、上海へ行って参りました。 
スケジュールは2泊4日。
初めての上海便・・・
 
まず楽しめる(?)のは、日本以外のアジア路線で毎回見られる、ブリーフィング・ルームでのオランダ人同僚達の混乱
上海便には上海ベース、北京便には北京ベース、香港便には香港ベースの中国人クルーがおり、韓国路線には韓国ベースの韓国人クルーが乗務するので、アジア路線に乗務する時は、毎回必ず、私も現地人クルーの一人だと思われ、英語で(現地人クルーはオランダ語の資格は必要ありませんので)現地の事情などを尋ねられる訳です。
「上海は初めてだから、あんまりわかんないのよ~」とオランダ語で答えると、「・・・? 上海に住んでるんじゃないの? オランダ語も話せるの?」と不審そうなオランダ人同僚達。 しばらくして"本物の"中国人クルーがブリーフィング・ルームに入ってくると、彼らも「あれ?」という表情で私に挨拶。 オランダ人同僚達も「おや? 一人多いのでは??」と顔を見合わせる。
「misaeは元日本人クルーで、今はオランダベースで飛んでるのよ。」とパーサーから説明があってやっと、一同納得。
 
機種はボーイング747-400。
担当はUD(アッパー・デッキ=2階)のビジネスクラスで、相棒は中国人クルーのマリリンです。
 
ただでさえややこしいのに、今回は相棒が中国人で、機内では余計にお客様が混乱なさっていました。 
普通に中国語で話しかけてくる中国人のお客様、片言の中国語で「謝謝」とおっしゃるオランダ人のお客様。 
「・・・実は私は中国語は話せないのです・・・」と申し上げると皆様「???」というお顔に・・・(中国語も勉強したいな・・・と思ってはいるのですが、なかなかxxx)
フライト半ばくらいまで「え~っと・・・どっちが中国人の方だっけ?」と皆様混乱されてました・・・。 
 
アジア路線では、中国・韓国・シンガポール・タイ、どこへ行っても現地人に間違われ、現地の言葉で話しかけられますが、私は特に中国人に見えるようなのです。 (なんでも、中国人女優の誰かに似てるとか。 誰でしょう・・・? どなたかご存知ですか?)
 
行きの便には、訓練を終えたばかりの上海ベースの新人クルーが7名乗っていました。 男性クルー1名と女性クルーが6名。 女の子達はなかなか美人ぞろいでしたヨ!
私の相棒も、まだ入社3ヶ月目とのことで初々しく、"若い頃の松田聖子"という感じでかわいらしかったです。 
そして嬉しかったのは、相棒はじめ新人中国人クルー達が、私も同世代(=27、28歳?)だと思ってくれたこと
すっかり気を良くして上海に到着しました。
 
他のアジア路線同様、早朝の到着でしたので、夕方まで一眠り・・・と思ったら、オランダ人同僚達は数時間の仮眠だけで、大はりきりでショッピングに出かけました。 私は夜、大切な約束がありましたので、ショッピングはパス。
 
夜の大切な約束とは・・・丁度ご出張で上海にいらっしゃったがんぶぅさんと、上海にお住まいのしほりさんにお会いすること。 
美味しいお食事、素敵な夜景、楽しいお話・・・
ありがとうございました
 
翌日は、朝食後、オランダ人同僚達と一緒にマーケットへショッピングへ。 子供達用に靴、日本のDVD(スタジオ・ジブリのDVD全集他)を買って大満足。 
一旦ホテルに戻って、今度はネイル・サロンへ。 
ペディキュアをやってもらうのに、オランダ人同僚2人と並んで座って待っていると、担当の女の子がやってきて、私に「ユー! リトルビット チャイニーズ!」・・・中国系オランダ人だと思った様子。
次に「ユー! ベリー ヤング!」と言うので、
「まぁ、ありがとう! ・・・で、何歳だと思う?」と聞くと・・・
なんと「25!」ですって! 25歳ですよ~ 
よく若く見られますが、これは新記録です。 (ちなみにサロンの女の子は26歳でした。)
オランダでは"アジア人だから"若く見られるんだと思っていましたが、アジアでも若く見られるんだ~嬉しい!・・・と、またまた気を良くして帰りの便に乗務しました。
 
帰りの便では、「オランダ女王の日」を祝ったチョコレートが搭載されていました。
 

 

(オランダ王室の色=オレンジに包装された
"女王の日"チョコレート
をいつものチョコレートに添えて)
(後ろのバラの花は
紙ナプキンで作りました!)
 
4月30日は「女王の日」(前オランダ女王の誕生日)。 
今年は日曜日にあたっていた為、オランダでは前日の29日にお祝いしたそう。
私は ("ゴールデンウィーク"=オランダの"チューリップ休み"中、一時帰国しているか、あるいは一時帰国できるようにフライトをリクエストしているので)「女王の日」にオランダにいたことはあんまりないのですが、街中にフリー・マーケットが開かれ、オレンジ色に着飾ったオランダ人達で賑わいます。
そして「女王の日」から5月5日の「終戦記念日」までが、"チューリップ休み"で学校がお休みになります。 丁度日本の"ゴールデンウィーク"と同じ時期なのです!
 
さて、オランダに戻って来て、不思議なことに気付きました。
「25歳に見える」と言われてから白髪が減った気がするのです・・・!
「病は気から」ではありませんが、「自分は若く見える」と思い込むことで、本当に若返ることがあったりして・・・?!
以前にも、「痩せるジェル」やら「デューク更家のウォーキング・ダイエット」で効果をあげていた私ですが、もしかしたらそれも「(これは効くに違いない!という)思い込み」が功を奏していたのかも・・・?!
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中